オニササって!?地元に愛されるローカルフードにご注目!!

秘密のケンミンSHOWで有名になったオニササ。

気になっていた方も多いのではないでしょうか?

オニササとは、簡単に言うと「おにぎり」+「ササミのフライ」を合体させた食べ物で、ボリューム満点のおにぎりです。

オニササは元々、地元の農林高校や商業高校の生徒が近所の商店でおにぎりとおかずを購入するなかで考案されたそうです。

現在は市内の多くの食品店でおにぎりとササミのフライを購入して一緒に食べる人が見られるほど愛されています!

作り方はとってもカンタン!
私もオリジナルのオニササを作ったのでレポートします♡

目次

【超カンタン】オニササの作り方

  1. ビニール袋にササミのフライを入れる
  2. とんかつソース、マヨネーズをかける(ケチャップも美味しいですよ!)
  3. のりたまふりかけのかかったおにぎり(ジューシーごはんでもOK!)をササミのフライの上に乗せ、ぎゅっと押しつぶせば完成!

お店で作る場合は、ササミのフライのほかにもメンチカツやハンバーグ、ポーク(スパム)がオススメ!

おにぎりのふりかけも鮭やしそなどバリエーション豊富です。

これらを組み合わせてオリジナルの「オニメンチ」「オニバーグ」「オニポーク」などをぜひ作ってみてくださいね。

でも、やっぱりたまごのオニササが美味しい!笑

オニササが食べれるお店2選

元祖オニササが食べたい!

自分で作るのはちょっと…

という方には、こちらのお店がオススメです^^

オニササが食べれるお店①知念商会

知念商会は個人経営のスーパーで地元の台所的存在。

そんな知念商会ですが驚くなかれ、オニササは1日1000個以上(休日は1500個も!)売れているとのことです。

こちらは元祖オニササと言われていて、おにぎりの種類(のりたま、たらこ、ジューシー、ゆかりなど)も揚げ物など惣菜(コロッケ、メンチカツ、揚げたまご、エビカツなど)もとっても豊富!

ちなみに、スタンダードなのりたまとササミフライのオニササは200円で出来ちゃいます。

お店は離島ターミナルより歩いて20分程度で行けます。

石垣市登野城1249-18 map
7:00~21:00 無休
0980-82-9664

オニササが食べれるお店②ながたや

ながたやは街中より少し離れた真栄里にあり、お弁当や100円そばなどとっても安い!

タイミングよく揚げたてのササミカツがゲットできた人は超ラッキー。

少し平らに伸ばして揚げたササミは、端がカリカリ、衣はサクサク、お肉がジューシーで食べ応え抜群です。

こちらのオニササは180円で食べられます。

石垣市真栄里157-18 map
6:00~21:00 日曜定休
0980-82-8210

オニササをゲットしたら…

その場で食べてもよし、お散歩しながら、ドライブしながら食べるのもいいですね。

お腹を空かせた高校生がササミカツとおにぎりを合わせて頬張る…そんなオニササの誕生話は実にほのぼのしています。

石垣島ではそんな人情味あふれる個人商店がとっても多く、私もランチでよくお世話になっています。

コンビニやスーパーも便利ですが、やっぱり手作りの暖かさがありますし、レジでのおしゃべりも楽しい!

観光スポットではありませんが石垣島のゆったりとした流れを感じることができるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる